ブログトップ

brooklynday

brooklynda.exblog.jp

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

猫の家族が増えたこと

先日やっと、オリビアの事を書く事ができたので、今日は、新しく家族になった2匹の猫を紹介したいと思います。


おりちゃんが亡くなって、落ち込んでいた時に、仲のいい猫好きのお客さんに、おりちゃんの事を話したんです。そのとき彼女が私に、また新しい猫を飼ってみる気ない??って。もちろん私はすぐに断りました。しかも子猫だって言うもんだから、ますます無理だと。おりちゃんの事で、子猫を飼う事が怖くなってしまったこと、まだそんな気持ちには到底なれない事を説明したんですが、それからちょっとして、その子猫と会う機会があったんです。


その子猫達(女の子と、男の子のきょうだい)は、道に捨てられていたところを見つけた人が、彼女(私のお客さん)が自分の猫を連れて行く動物病院に、持ち込んで、そこで保護されていました。それで誰か飼ってくれる人を捜してたそうです。会ってみたら、本当に小さくて、なんて可愛い猫ちゃんたちなんでしょう。。。本当に引き取るつもりはなかったのに、あれよあれよと、私たちが飼う事に。。
しかも2匹も!


実はオリビアを拾った時のストーリーを覚えている人もいると思いますが、あのときオリビアと一緒に保護したもう1匹を、なんで手放してしまったんだろうと、、、、ずっと後悔していたんです。とくに、2匹の子猫を一緒に飼うようになって、いつも一緒に遊んだり、ご飯食べたり、寝たりしている仲のいい2匹をみていたら、オリビアだって、こうやって姉妹と一緒に育ててあげたかった。。。という気持ちでいっぱいになります。


今回、この子猫達を飼おうと思った決め手は、やはりこの子達も、オリビアと同じで、誰かに捨てられてしまったけど、助ける事の出来る命ということと、病院が保護しているので、検査や必要な処置をして、ある程度大きくなってから、里親に引き渡すというので、健康じゃなかったらどうしよう?という不安が和らいだこと。



これが初めて病院で会った時の写真です。こんな可愛い子猫を見ちゃったら、誰が『NO』って言えるんでしょう。



d0264079_3272047.jpg


この後、一ヶ月以上待って、この子達は晴れてうちの家族になりました。

鼻に白いラインがあるのが、女の子の『ミチルちゃん』です。

d0264079_3304796.jpg


そしてこっちが男の子で『くま男』くまちゃんです。小さな熊みたいでしょ♪

d0264079_3353214.jpg


d0264079_3364574.jpg

[PR]
by sunsetpark431 | 2015-01-29 03:38 | cats

ブルックリンでモダンチャイニーズ

職場の近くに出来た、モダンチャイニーズレストラン『2 Dack Goose』に行ってきました。ここはニューヨークでは珍しい、広東料理にモダンテイストをミックスさせたお店のようです。名前の通り、ローストダックが看板料理のようですが、4人前のコースは、事前に予約が必要ということだったので(ハーフやクウォーターサイズは、当日注文できます)今回は、ダック以外の物を注文しました。




d0264079_1225947.jpg


普通のチャイニーズレストランと違って、あっさりとした、野菜の前菜があるのが嬉しいですね。


d0264079_12275195.jpg


d0264079_12283269.jpg


シンガポールヌードルは、味が濃すぎて、箸がすすみませんでした。。。はっきり言って、近所にある普通のお店の方が美味しいくらい。。。。(?)

d0264079_12301512.jpg


そしてその日の特別メニューのラーメン。これも『ラーメン』と言ってはいけません!『ヌードル』だったらまだ評価も少し変わったのかもしれませんが、こちらのラーメン人気にあやかってか(?)
ラーメンと言ってしまうと、もちろんスープはチャイニーズ独特なスパイスの味がするし、スープ、麺、具とのバランスもいまいちで、、、、ちょっとがっかりでした。

d0264079_12334481.jpg


このチャーシューは、ジンジャーオイルが付いてきて、甘いながらも、あっさりとしていて美味しかったです。

d0264079_12353450.jpg



総評としては、野菜の前菜はすごく美味しかったので、前菜やチャーシューを食べながら、ワインを楽しむ。。。というスタイルだったら、おすすめかな。でも、ダックをまだ食べていないので、今度は友達を誘って、2月にまた行ってみる予定です。あ、あと、ウエイトレスの女の子が、めちゃめちゃ可愛いくて、なおかつ感じがよくて、見とれてしまいました♡
[PR]
by sunsetpark431 | 2015-01-28 12:40 | food

Brooklynで家を買う ⑭

なんとなんと、壁の中からドアがでてきました!これ、昔は庭にアクセスするのに使われていたんでしょうね。こういう思わぬ発見は、古い家ならではの楽しみだったりします。


d0264079_9393333.jpg


d0264079_9404627.jpg


今はまだ、外観の工事まで手が回らないので、将来的にはこのドアを復活させることも視野に入れて、これはのこしたまま、とりあえず壁で塞ぐ事にしました。


そして廊下の床のタイルも剥がしてみたら、木の床がでてきましたが、この上からリビングルームの床と同じような木の床を探して貼る事になります。

d0264079_9441984.jpg


この廊下、ガーデンレベルに下る階段の壁があることで、かなりの圧迫感があったので、階段を支えている柱を残して、それ以外を取る事で、広がりを出す事ができました。

d0264079_947624.jpg



d0264079_948626.jpg


あの古い壁が中から出て来た、廊下の突き当たりのランドリールームにも、新しい壁が出来、あとはスライドドアを付けるだけ。


これがその古い壁

d0264079_9505937.jpg


壁を取り去ったところ

d0264079_9512324.jpg


現在

d0264079_9525458.jpg


ここには、このタイプのドアをここでオーダーしました.

d0264079_9543038.jpg

[PR]
by sunsetpark431 | 2015-01-28 09:59 | house

Brooklynで家を買う ⑬

大工さんが毎日きてくれているのも関わらず、仕事から家に帰ってきて、楽しみに工事の進み具合をみてみても、つい最近まで、そこまで変化が見られなかったんですが(基礎工事が中心だったので!)最近やっと、変化というか、進み具合がちゃんと見れるようになり、家に帰るのが楽しみになってきました♪


特にバスルームは、壁にタイルを貼るところまで進みました〜。

これがもとのバスルーム

d0264079_812991.jpg



小さ目のバスルームだったので、ちょうど隣の部屋のクローゼットが隣接していたので、思い切ってそのクローゼットを壊して、バスルームを広げる事にしました。

これはそのクローゼット側から見たところ。この扉を壁で塞いでしまいました。

d0264079_8175377.jpg


そして解体作業。。。

d0264079_8205961.jpg


この際なので、壁も全て、湿気に強い素材で新しく作り直します。

d0264079_8245643.jpg


バスルームは、とにかくシンプルで掃除がしやすいことが自分の中でのポイントだったので、それで絶対にこだわったのが、壁の中に入ってるタイプの棚。ここにシャンプーや石けんなど置いたら、掃除の際にも、邪魔にならないし、見た目にもすっきり!


d0264079_8344960.jpg


d0264079_8365618.jpg


こんな感じの写真を参考にしました。。。

d0264079_8384911.jpg


そして現在。ここまで進みました〜〜

d0264079_8403829.jpg


本当は、猫足のバスタブも候補に上がっていましたが、そこまで広さがない分、バスタブの中でシャワーも入浴もしなきゃいけないことになる。そうすると、フリースタンディングのタブだとその周りをグル〜っとシャワーカーテンで囲って、しかもシャワーを浴びる時は、シャワーカーテンはバスタブの内側に入れなきゃいけない!水に濡れたカーテンが、ベトっと バスタブに引っ付いてるって、何とも快適からほど遠いなあ。。。。と。ゆったりと広さがあって、シャワーを浴びるととろと、入浴するタブが別に作れる余裕があるバスルームだったら、猫足のタブにしたんだけどなあ。


それで私が選んだのは、壁にピッタリひっつくタイプのタブ。深さにこだわりました!こっちの普通のアパートについているタブって、だいたい浅くて、しっかりお湯に浸かれないないタイプが多いんです。だから、取り付け式の中で、一番高さのあるものをチョイス。そしてその周りをタイルで囲んでもらうことに。


これがそのタブ今回、ほとんどのバスルームのパーツなどは、KOHLERといブランドのものにしました。ここの製品は素敵なのが多いんです。

d0264079_8504755.jpg



こんな感じのバスタブにしたいなあと。

d0264079_8564698.jpg


d0264079_857114.jpg


そしてシンクとシャワーもKOHLERで

d0264079_8573877.jpg


d0264079_8585616.jpg


d0264079_8591668.jpg


ミラーと棚は、School House Electricxで、ラウンド型のものと、Brassの棚をチョイス

d0264079_955549.jpg


d0264079_963883.jpg


ミラーの上には、このシンプルな電球を3つ

d0264079_972339.jpg


そして床のタイルですが、実はこれが一番迷いました。面積の割合が大きい分、これから先、飽きがこなくて、なおかつ自分の好き!と思えるデザインを選びたくて。最初は白と黒のデザインでいいなあって思ってたのがあったんですが、毎日使うところだし、パッと目に飛び込んでくるよりも、その場に自然に溶け込むような薄目の色の方がいいなあと思い、結局選んだのが、グレーと白のデザインのセメントタイルです。このカンパニーから取り寄せました。

d0264079_911239.jpg


こんな感じのバスルームが好きです。(よそのサイトからお借りしました)


d0264079_9145713.png



d0264079_9152557.png

[PR]
by sunsetpark431 | 2015-01-28 09:25 | house

オリビアのこと

去年の10月に、あんなに可愛かったおりさんは、星になりました。あまりに急な出来事で、なかなか気持ちの整理がつかず、日記に書く事が出来ませんでした。。。。


その日の朝方、物音がして起きてみたら、床で苦しんでいるおりさんを見つけました。何度か猫の死は経験しているので、これが尋常ではない苦しみ方だという事はすぐに分かりました。すぐに車で、エマージェンシーの動物病院に向かいましたが、その途中の車の中で、オリビアは息を引き取りました。。その苦しんでいるオリビアの姿が、今でも忘れられません。


その前の晩は、いつも通りしっかりご飯も食べて、とても元気そうだったおりさん。全く何のサインも見て取ることはできなかったんです。


その日は仕事だったので、。何度かスタッフルームにいる時に、急に涙が溢れて止まらなくなることもありましたが、お客さんの前では、いつも通りふるまうことができ、何とか仕事を終えるまで持ちこたえました。辛かったのは、仲のいいお客さんが、オリビアは元気?と聞いてくれた時で、本当の事を話したら、一気に我慢の糸が切れてしまうだろうからと、元気だよ、、、としか言えませんでした。


これは、もともとオリビアが持って生まれてきた運命だったんでしょうか? それとも、やはり私が
サインを見落としていたのか。。。。こんなに突然亡くなってしまうなんて。りんたの時は、病気が分かってから亡くなるまでの間、悲しいながらも、自分が出来る事はやってあげられたという思いと、りんたが苦しみから解放されたという安堵感で、ちゃんと死を受け止める事ができたのに、オリビアの事は、あまりにも短い一生で、何もしてあげられなかったという思いが強すぎて。。。。今でもあの子の事を思い出すと、辛くなってしまうんです。


おりさんは、本当に天使のように白くて、フワフワで、神様が私たちに贈ってくれた宝物でした。あなたの貴重で短い時間を共にする相手に、私たちを選んでくれてありがとう。今はまだ、あなたの写真を見るのが、まだ辛いけど、次に生まれ変わっても、また私たちの元へ来てください。おりちゃん、あなたに会いたいよ。





d0264079_371523.jpg

[PR]
by sunsetpark431 | 2015-01-28 03:07 | cats